MINI R60 クロスオーバー フリップダウンモニター

BMW MINI R60 クロスオーバーにフリップダウンモニターを取り付けました。

 

 

f:id:dexworks:20180813120506j:plain

MINIを買うならクロスオーバーがいいなと思う今日この頃。

 

 

 

今回取り付けたモニターはHONDA N-BOXに付いていギャザーズ製のフリップダウンモニター。

f:id:dexworks:20180729103406j:image

できることなら汎用品のALPINEかパイオニアが良かったのですが…

何とかなるでしょうという事で引き受けました。

 

 

 結構大変かな~と思っていたのですが、N-BOX用のシリコン素材のスペーサーが案外フィットしてくれて助かりました。

f:id:dexworks:20180729103410j:image

モニターのルームランプ機能も勿論使えます。

 

 

ただ、前方方向に少し隙間が出ます。

f:id:dexworks:20180729103414j:image

許容範囲という事で納めさせて頂きました。

 

 

 

CX-8 3列目シート用モニター

マツダ CX-8に3列目シート用リアモニターを取り付けました。

 

f:id:dexworks:20180720115458j:image

 

 

元々純正オプションのALPINEリアモニターが付いていますが、3列目シートからは見えにくいとのことでモニターを増設します。

 

f:id:dexworks:20180720115506j:plain

モニターはALPINEの10インチサイズ PKG-M1000SCです。

2列目シートの真ん中のヘッドレストにステーを使って固定しました。

 

 

f:id:dexworks:20180720115503j:plain

 2列目シートをスライドさせても問題無く使えます。

 

 

f:id:dexworks:20180720115501j:plain

 これで3列目シートに乗る人も快適に過ごせますね!

プジョー 5008 地デジ受信感度改善!

プジョー 5008 地デジ受信感度を改善しました。

f:id:dexworks:20180625194821j:image

 初めて見るプジョー5008

 

お客様から地デジの受信感度が悪いとのご相談を受ました。

5008のことは全然知らないので色々調べてみると純正オプションでパナソニックのナビ(CN-Z500D)が付いており、インターフェースを介して純正モニターにさせているシステムです。

f:id:dexworks:20180626081338p:plain

 

地デジのアンテナはフロントガラスに貼ってあり、プジョーのガラスは断熱ガラスの場合が多いので、ここに問題がありそうです。

 

 

 

作業前にチェックしてみると場所の問題もありますが、ワンセグすら受信できない状態でした。

f:id:dexworks:20180626082423j:plain

 

 

そこでロッドアンテナに変更して車外にアンテナを設置します。

f:id:dexworks:20180626082814j:plain

 

 

普通はルーフに設置しますがカッコ悪いのでバンパーの中に設置します。

f:id:dexworks:20180625194836j:plain

お客様の会社まで出張取り付けに行ったので完全にバンパーを外すことはできませんでしたが、なんとか設置できました。

あとは室内に通線してアンテナ線のコネクターを加工して完了。

 

 

 

f:id:dexworks:20180625194839j:plain

結果は受信感度が改善されたようで地デジが映るようになりました。

 

写真はワンセグですが、後でお客様から連絡があり

今までフルセグ、ワンセグの切り替えが多かったのが安定してフルセグを見られるようになったとのことでした。

 

 

 

 

作業いろいろ

最近の作業をご紹介。

 

 

BMW E38 7シリーズにはイカリングの取り付け。

f:id:dexworks:20180621114541j:plain

ネットで買ったものですが明るさもあり昼間でもイカリングとして見えます。

 

 

 

 

日産 NV200にはフロントカメラの取り付け。

f:id:dexworks:20180621111458j:plain

 

f:id:dexworks:20180621111501j:plain

カメラはデータシステムのMVC811

 

f:id:dexworks:20180621111509j:plain

f:id:dexworks:20180621111505j:plain

カメラの映像はレーダーに入力しており、6種類の表示パターンから選べます。

 

 

 

 

マセラティ グラントゥーリズモ

f:id:dexworks:20180621111436j:plain

こちらは内装のベタつきの除去を行いました。

 

 

 

f:id:dexworks:20180621115907j:plain

イタリア車ではあるあるのベタつきですね。

 

f:id:dexworks:20180621111431j:plain

 

 

f:id:dexworks:20180621120122j:plain

分解できるところは分解して作業を行います。

 

 

f:id:dexworks:20180621111426j:plain

オーディオフェイスパネルは何度やってもベタつきがとれなかったので塗装しました。

普段触れる部分のベタつきをとることで一気にリフレッシュできますね!

イヴォーク リアモニター取付

レンジローバー イヴォークにリアモニターを取り付けました。

 

f:id:dexworks:20180601203526j:image

 

3か月ぶりのブログになりますが、しばらく書いていなかったらそのまま放置になってしまいました。

また放置にならないように随時更新予定です。

 

 

さてイヴォークのリアモニター取付ですが、国産車みたいに純正で映像出力がある訳では無く、DVDと地デジの映像ラインの配線加工が必要になってきます。

f:id:dexworks:20180601203534j:plain

 

輸入車によくあるインターフェースがいらないので安価で済むのでリアモニターを取り付けるハードルは低いですね。

 

 

 

 

 

f:id:dexworks:20180601203549j:plain

モニターはcarrozzeria TVM-PW910T

個人的にヘッドレストの真後ろに付けるタイプで一番好きなモデルです。

質感もいい感じなので安っぽく見えないのがGood!!

 

 

 

f:id:dexworks:20180601203538j:plain

2012年モデル以降は純正ナビ画面で地デジ、DVDの画面の時以外は映像出力が停止になるので前で地図、後ろで地デジorDVDといった視聴ができません。(音声は可)

 

ちなみにバックカメラの時も映像出力が停止します。

 

 

f:id:dexworks:20180601203547j:plain

制約はありますが純正地デジ、DVDの映像は純正ナビモニターで見るよりも綺麗に見られます。

純正ナビモニターのクオリティがひと昔前のものですからね笑

 

 

f:id:dexworks:20180601203555j:plain

角度調整も可能です。

小さな子供がいる方はフリップダウンモニターよりもこのタイプがオススメです。

 

 

M.Benz W213 E43 AMGステアリングスポークカバー

M.Benz W213 E43 AMGAMGステアリングスポークカバーを取り付けました。

 

f:id:dexworks:20180307001955j:plain

以前3Dハイエンドツィーターを取り付けさせて頂いたこちらのお車に今回はAMGステアリングスポークカバーを取り付けました。

 

 

f:id:dexworks:20180303215352j:plain

ちなみに前回は夜に撮影したので今回は改めて取り直しました。

 

 

f:id:dexworks:20180307002415j:plain

左がAMG、右がE43純正のものです。

E43 AMGだからここもAMGにしてくれてもいい気がしますが……

 

比較してみると形状が違いますが少しの加工で取り付け出来ます。

 

 

 

取り付け後はこちら!!

f:id:dexworks:20180303215343j:plain

f:id:dexworks:20180303215338j:plain

目に触れる部分なので交換後の満足度は高いですね。

作業も短時間で済みますのでお手軽に交換できますよ。


 

G500 4x4 スクエアード

M.Benz G500 4x4 スクエアードにフロント&サイドカメラ、8インチモニター、ミラーリング等を取り付けました。

 

f:id:dexworks:20180301155509j:image

並行車のG500 4x4

日本の国内ディーラー車だとG550 4x4になります。

 

オーバーフェンダーとリフトアップでノーマルのGクラスにはない迫力がありますね!

 

 

f:id:dexworks:20180301155547j:plain

フロントカメラはナンバーベースの下に設置。

 

f:id:dexworks:20180302002107j:plain

サイドカメラはミラー根本に設置。

 

f:id:dexworks:20180301155520j:plain

データシステムのカメラスプリッターという部品を使いフロント、サイド、リアカメラの映像を分割して映し出しています。

純正のリアカメラ映像は通常バック時以外は映りませんが配線加工で可能にしてあります。

 

 

f:id:dexworks:20180301155534j:plain

 各映像は任意で切り替え可能です。


ディーラー車だと360度カメラが付いているようですが、並行車でもこれで乗り易くなりました。

実際乗ってみるとフェンダーの位置が分かりやすいのでオススメです。

 

 

 

f:id:dexworks:20180301155601j:plain

モニターも純正の7インチから8インチに交換してHDMI入力で無線ミラーリングも可能です。

iPhoneAndroidどちらも対応しており、HDMI入力なので綺麗な映像で表示されます。

 

 

 

f:id:dexworks:20180301155600j:plain

カメラとミラーリングの切り替えはステアリングリモコンの矢印ボタン長押しで可能です。